無農薬、有機栽培の野菜を購入する場合や、新鮮で美味しい野菜を購入する場合によく利用されているのが、野菜の宅配ですよね。今まででも、この野菜宅配を利用されていた家庭は多いと思います。でも、原発事故以来、一部の県の野菜が基準値を大幅に上回っていた事が原因で出荷停止になってから、新たに野菜宅配を利用された方もいらっしゃるでしょう。それでは、本当に野菜宅配の野菜ならば、放射性物質は含まれていないのでしょうか。宅配会社にもよりますが、きちんと放射性物質の検査体制が整っている会社であれば、宅配される野菜は毎日、社内で放射能検査が実施されているそうです。そして、万一、基準値を上回るような野菜や果物があった場合には、出荷しないようにしています。しかも、その基準値も自主規制値を設定して、現在国が定めている暫定基準値の10分の1にしている会社まであります。また、野菜の作付け前には土壌の検査を行い、放射性物質が存在していないかをチェックします。もし、検査の結果、基準値をオーバーしていた場合には、作付けしない、収穫しないと言った判断をしているようです。一時期問題となった、肥料、堆肥等と言った資材に対する検査も実施されています。野菜出荷前のサンプル検査、納品時の放射線量の測定と、安全管理を徹底している野菜宅配会社も少なくありません。放射能情報を定期的にホームページで提供している所を選ぶと、安心に繋がりますね。このように、宅配業者によって十分に検査された野菜であれば、基準値を超えた放射性物質は含まれていないのではないでしょうかー